10月 23rd, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーはドライフラワーなどと同じで自分で作ることもできます。

作る前一番気を付けることは加工する花をしっかり選ぶということです。花びらだけでなく茎や葉に潤いがあるものを選んで加工しましょう。

自分で花を選んで作れば通販で買った花とは違う思いが宿るかもしれませんね。

ネット通販やお店ではプリザーブドフラワー作りに使用する液など用品を手に入れることができます。

慣れてきたら資格などもあるようなので、とってみるのも良いかもしれませんね。


手作りのプリザーブドフラワーは時間がかかる?

まずお花を乾燥させて脱色させるわけですが、これにも少し時間がかかります。専用の溶液につけて6時間以上が目安にされています。

そのあと染色をはじめるわけですが、着色液につけて着色するのにも時間がかかります。

バラの花に着色する場合、その状況にもよりますが12時間以上が目安とされています。

そのあと脱色液で余分な着色液を落とすわけですが、そのあとまた乾燥させなくてはいけません。これにも最長1週間をようしてしまうので、いかにプリザーブドフラワーを作るのに手間がかかるのかわかりますね。

これは無理だと感じた方は無理せず通販を利用して手に入れましょう。

8月 28th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーに適している花の種類がありますので、どんな花でもプリザーブドフラワーになれるとは限りません。
適している花は「花弁の数も多く肉厚」なものですが、薔薇やカーネーション、ランなどが用いられているのはそのためです。
反対に、もとの花の形が崩れやすいものは、プリザーブドフラワーには適していません。
桜の花や芙蓉の花などは、花びらの数も少なく肉薄で外れやすく、加工するのは困難です。


<適している花>

薔薇、カーネーション、ランなどがポピュラーです。
また桜でも八重桜などは花びらの数も多く、比較的加工しやすい花です。
またトルコ桔梗などもよく用いられます。
あじさいも肉厚ですので一つの花のガク(あじさいは花びらではありません。ガクです。)の数が少なくてもまとまっているために用いることができます。
ひまわり、カトレア、ガーデニア、ダリア、アナスタシア、ピンポンマム、チューベローズ、カラー、シンビジウム、なども近頃では人気の素材となっています。
花だけではなくグリーユーカリ、ヘデラアルボレラといったリーフ類のプリザーブド素材もあります。
アクセントに最適ですので、組み合わせによってアレンジの幅が広がります。

6月 26th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーはインターネット通販を行っているお店の多くが、誕生日や母の日のプレゼントに最適なものを扱っています。まだ数は少ないですが、不祝儀用のアレンジメントを扱うサイトなども増えてきているそうです。


プリザーブドフラワーは不祝儀に使って大丈夫?

不祝儀の場合、まだ生花を贈るという認識も大きいのですが、49日を過ぎて、生花を購入するのが経済的にたいへん、手入れをする時間がないという家庭では、プリザーブドフラワーのアレンジメントの購入に踏み切るところも増えているそうです。家族が使うという場合は、特に宗教上などの問題などもないと考えられますが、不祝儀で持参する場合は、どうなのでしょうか?


助かるという意見もあるらしい

若い世代や、夏に葬儀があったという家庭では、水が腐ってしまうなどの問題から、プリザーブドフラワーで不祝儀をもらったという人も、非常に助かったという声もあるそうです。しかし、生花を飾るというのは、仏教の諸行無常の教えを表しているという説もあるそうですから、非常に親しかった、相手の事情などを知っている場合には重宝するアイテムかと思いますが、それ以外で渡す場合には、便利でも避けたほうが無難だという意見が多いそうです。

5月 30th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

イベントなどに利用できて長持ちするなどの様々な長所を持ったプリザーブドフラワーですが、価格が高いという短所があります。プリザーブドフラワーは、着色料につけたり強制的に乾燥したりする工程が必要となるので、どうしても加工するのにコストが掛ってしまうのです。ですから、プリザーブドフラワーはお値段が高いですからなるべく大事にする必要もありますし、購入するお店も考えないといけません。


<お値段が高い上に意外と空気にデリケート>

お値段が高いので、頻繁に購入するのはなるべく避けたいところです。ですので、しっかりと保存してあげること大事となってきます。プリザーブドフラワーは湿気の多い季節や日光に弱いという特性を持っています。ですから、なるべく乾燥した場所で日光に当たらない所で保存しておくという事が大事になってきます。さもないと劣化してしまいまた購入する羽目になるかもしれません。


<仕入場所も考えましょう>

プリザーブドフラワーは、今や通販でも購入することができるようになっています。中には激安で購入できるお店もあるようですね。そういった所も購入先の候補として考えておきなるべく安い値段で仕入れるように心掛けましょう。イベントでは大量に購入する可能性もあります。そういった時に安い価格で調達できるお店があると本当に便利です。

4月 14th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーを通販などで購入する人が増えており、非常に評判がいいのだそうです。プレゼントでも贈ることができるため、記念日やお祝いでギフトとしてもらったことがある人もいるかもしれません。このプリザーブドフラワーは非常に湿気に弱いため、トイレなどは避けることをすすめられています。


プリザーブドフラワーをケースに入れる

トイレなどはどうしても殺風景になりやすく、マメにお花のケアをしてあげにくい場所なので、手間のかからないプリザーブドフラワーを飾るには非常にピッタリの場所とも言えます。そこで、湿気にあたらないように、透明のアクリルケースなどにプリザーブドフラワーをいれてから飾るという工夫をしてみてはどうでしょうか?ケースに入っているものもありますが、花器に入っている、ブーケになっている場合は、雑貨店などでアクリルケースを選んでみるのも楽しいものです。


ケースをデコレーションするのもOK

単純にケースに入れるだけでも、湿気対策の面では非常に有効です。掃除のときもケースをふき取るだけなので簡単ですよね。少し寂しいな、と思う場合には100円ショップなどでネイルアートに利用できるシールなどを買ってきて、ケースをデコレーションしてみるのもおすすめです。ラインストーンなどを利用しているものは反射してキラキラします。

4月 9th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

普段は花を買わない方でも記念日などに買ってみるのはいいかもしれません。その時の思い出や季節の花を買うことで思い出が華やかなものになります。ですが鉢植えやブーケは枯れてしまうこともあります。長い時間その思い出とともに花を楽しみたいと思うならプリザーブドフラワーを選ぶとよいでしょう。その生花とも見間違えるほどの花、その花を見るたびにその日のことを思い出すことが出来ます。


<記念日の思い出を忘れない>

人生の中で記念日といわれる日はいくつかあると思います。その思い出は人それぞれですが忘れてしまうこともあります。その思い出を忘れないためにその日にプリザーブドフラワーは買うのはいいですね。生花とは違う枯れない花、その花を見るたびにその日の思い出を思い出します。そんなアイテムとして買うのもいいかもしれませんね。


<いつまでも花の美しさを楽しむ>

花をせっかく買っても枯らしてしまっては、もう花を買うのをやめておこうと思うかもしれません。花というのはやはり癒しのアイテムの一つです。部屋に花があるだけで他に装飾がなくてもその部屋の雰囲気を盛り上げてくれます。そんな花を手軽に楽しめるのがプリザーブドフラワーです。水を上げる必要もなく長くその美しさを楽しむことが出来ます。

2月 19th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

とても人気があるプリザーブドフラワーを、贈り物としていただいたことがある人も多いと思います。お花屋さんの店頭やインターネットでもよく目にするプリザーブドフラワーは、どのようにお手入れをしたらいいのでしょうか?


プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーとは特殊な加工を施し、生花に最も近い質感や鮮明さがあるお花です。保存するというプリザーブドという名前の通り、プリザーブドフラワーの寿命は1年~3年と言われています。生花に比べ何十倍も長い期間、綺麗なお花を楽しむことができます。通常お花に必要な水やりは不要で、高温多湿な場所や直射日光が当たる場所を避けていただければ特別なお手入れはありません。花粉と香りがないのでアレルギーをお持ちの方も安心です。


誰でも楽しめるプリザーブドフラワー

はじめての人でも気軽に楽しむことができるプリザーブドフラワーは、着色液によりお花の色を浸けています。通常ではない色のお花を作ることができ、青色のバラやオレンジのバラなどお部屋に合わせたプリザーブドフラワーを選ぶこともできます。カラーは豊富でありますが、プリザーブドフラワーに向いている花の種類は少ないのが現状です。バラやカーネーションのように花弁が多いものや外れにくいものが適しており、プリザーブドフラワーの人気に伴い加工技術の改良により花の種類も増えていくことと思います。

2月 18th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーをプレゼントとしてもらった場合、どうすればいいですか?そんな質問を受けたことがあります。
「通販経由でプレゼントをもらったのですが、プリザーブドフラワーというものでした。特殊なお花なのでお水をあげたり日光に当てたりしないでくださいって書いてあるんですが、お花なのに良いんですか?本当に大丈夫ですか?」
と、何故かとても不安に思われていらっしゃるようでした。
それくらい大事な人からいただいたプレゼントだったのでしょう。だからこそ大事にしたい、絶対枯らしたくないという気持ちが強かったのでしょうね。


プリザーブドフラワーの取り扱い方

質問者の方の不安を強くさせる理由の1つとして「プリザーブドフラワーがパッと見は普通のお花にしか見えない」というものもあると思います。
確かにパッと見は普通の生花ですよね。触った感触も生花と大差はありません。お花屋さんにお勤めの方なら気づくかもしれませんが、そうでもない限りは分からないでしょう。
ですが、プリザーブドフラワーは造花と生花の中間くらいに位置しているお花だと思っていただいて問題ありません。
なので、お水や日光は本当に必要ありません。
ですが、完全なる造花ではありません。ベースになっているのは布や樹脂などではなく、本物の生花です。なので、頑丈さは生花と同等です。
激しく揺れたり落としたりしたらお花が落ちてしまうと思います。あまり不安定な場所や、ペットがウロウロしている場所には適さないかもしれません。

参考リンク>>>プリザーブドフラワーの通販情報

2月 18th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーを通販サイトで選ばれて購入されている方もいらっしゃるかと思いますが、その際皆さんはどんなところに気を付けながら注文されているのでしょうか?
やはり通販ですから実際に手に取ってみることが出来ませんので、選ぶ際にはよく確認されるのが良いかと思います。
贈り物として購入されるのでしたら、お相手の方のお好きなお花や色をよく探してから選ばれるのが良いかと思いますね。


プリザーブドフラワーは花材を選ぶことが出来る

そのお店によっては花材を選ぶことが出来ますので、非常に良いかと思います。
お好きな花材を集めてご自宅にてお好きにアレンジをしてみるというのも楽しくて良いかと思いますよ。
ご自分でプリザーブドフラワーを作ることもできますが、すでにパーツが出来上がっている物をアレンジしていくのもお勧めです。
ご自分だけのプリザーブドフラワーを作ってみませんか?


口コミについて調べてみましょう

プリザーブドフラワーについて口コミを調べてみるのも良いかと思いますよ。
皆さんがどのようなお花を選ばれているのか、どのようにして飾っているのかについて知ることが出来ますし自分の時はこうだったから次はこうしたほうがいいですよ、といったアドバイスのような意見もあるかと思いますので、一度覗いてみて参考にしてみてはどうでしょうか?
また、ブログを覗いてみるのもお勧めだと思いますよ。

2月 18th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーの人気が高まってきていますが、もうすぐ卒業式や入学式がありますからぜひ贈られてみるのはどうでしょうか?
色も鮮やかで見た目も上品で美しいので、贈り物として非常にお勧めです。
男性向けのものもありますので、入社祝いなどでも問題なく用いることが出来て良いかと思います。
小さな男の子には青いお花、小さな女の子でしたら桃色などデザインもかわいいものなどがありますのでぜひ調べてみて下さればと思います。


プリザーブドフラワーは項目で選べる

プリザーブドフラワーを購入される際、誕生日に贈りたいけれどどんなお花を選んだら良いのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。
そんな時、通販サイトを覗いてみますと項目別に分けられていますので見つけやすくて助かるかと思います。
項目別なので、その中からお好きなものを選ばれることをお勧めします。
色々通販サイトがありますので一か所だけではなくて何か所か見て回るのが良いかと思いますよ。


気になるお値段は?

ここで気になるのがお値段だと思いますが、生花よりも若干お値段が割高になっているかと思いますが、プリザーブドフラワーは特殊な加工をしている枯れにくいお花ですのでお値段に影響してきているのではないかと思います。
保存状態が良いと10年保つことが出来ると言われていますので、そう考えると妥当なのかもしれませんね。
生花ではどんなに大切に育ててもそんなに長く保つことが出来ませんので、そう考えてみるとお値段もふさわしい金額なのではないかといえます。

2月 18th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーの人気が高くなってきているみたいですが、本当に美しくて素敵なものですので贈り物として最適なものだと思います。
もちろん、ご自分の為に購入されるのも良いかと思いますので色々覗いてみることをおすすめします。
今では通販などでもプリザーブドフラワーを取り扱っているお店があったり、プリザーブドフラワー専門店がありますのでそれぞれ覗いてみると楽しくて良いかもしれませんよ。
そのお店でしか取り扱っていないものもあるかと思いますので、チェックされてみてはどうでしょうか?


プリザーブドフラワー初心者の方には

プリザーブドフラワーを初めて購入される方は、ランキングが掲載されているサイトがありますのでそちらを参考にしてみてはどうでしょうか。
やはり初めてですとどちらのお店のものが良いのか分かりませんし、どのようなものを選んだら良いのか迷ってしまいますからね。
その中からご自分の気になったものを選ばれるのが良いかと思いますよ。
そうして決めて選んだお花はきっと特別なものになるかと思います。


お花だけではなくデザインも注目!

プリザーブドフラワーはお花も非常に魅力的ではありますが、一番は全体のバランスだと思います。
最近ではおしゃれな入れ物の中にお花がたくさん入っていますので、見た目も上品で華やかさも出ていてとても素敵だと思います。
お花だけを見るのではなくて入れられている入れ物や全体のバランスも楽しんでみましょう。
少し見方を変えるだけできっと違った魅力に気付けると思いますよ!

2月 18th, 2014  Posted at   プリザーブドフラワー 通販
arrow   |   No Commentsarrow

プリザーブドフラワーはお花屋さんでも購入することが出来ますし、通販で注文することもできますので気になった方や購入したいけれど近くにお花屋さんが無いといった方はぜひ一度調べてみて下さればと思います。
最近では色々なプリザーブドフラワーがありますので、それぞれ見てご自分のお好きな色のものを選ばれるのが良いかと思います。
その際には他の通販サイトも覗かれておくと良いかと思いますよ。


珍しい色のプリザーブドフラワーがある

プリザーブドフラワーの中には珍しい色をしたお花があります。
ですので、そういった変わったお花を購入したい方にもおすすめですね。
お値段はそれに見合ったほどですので、高いと感じる方もいればこのくらいするのは当然かもという方もいらっしゃるかと思います。
ですが、中にはクマさんが付けられている物や他にもディズニーキャラが付けられていたりしますので、可愛さが増して素敵だと思います。


実は自分でも作ることが出来る

プリザーブドフラワーはご自分で作ることも出来るんです。
もちろん、そのためにそろえるものは少々ありますがご自分で作るのでしたら世界に一つだけになりますのでなんだか特別な感じがして良いですよね。
その際、作り方を教えて下さっているサイトがありますので、そちらを見ながら作ることをおすすめします。
ご自分だけのプリザーブドフラワーを作ってみましょう!


Copyright © 2012 プリザーブドフラワーを通販で買う時のポイント. All Rights Reserved.